Text Size : A A A

●道北で見た建物たち

Img_67b3060ddfbfd36405232a12c61b53f1
昔は食堂だったのでしょうね。
Img_168a8dd89c1636d974c0bb1d77c2b2d2
人を待ち、風を待つ。
Img_b4850709c615b6ae05e14f9a7f8b5068
旧商家 丸一本間家の裏口
    
    
2008年7月再び北海道へ行ってきました。

そのときに見た建物たちです。


「 風待食堂 」
増毛町駅前にあり、映画のロケ等で使われた建物。
昔、ニシン漁で栄えていた増毛町。
男は風が止むのをここで待ち
女性は男たちが漁から帰ってくるのを待つ。
そんな場所だったらしいです。


「 旧商家 丸一本間家 」
国の重要文化財。
100年前の明治時代のそのままの姿を残している建物です。
とても凝ったつくりで
有料で見学も出来ます。
時間がなかったので中は見ませんでした。
またいつか行ってみたいところです。
   
   
Img_566237a363ca12dc29dfe2484cf9ee6c
國稀酒造倉庫。
Img_f6122c1daff78d9af409eaebfd6f3fd9
増毛館。泊まってみたかった・・・
Img_c68ed03d586d84c0b2cab8287415fb50
國稀酒造。木造の建物が美しい。
「 國稀酒造 」
創業明治15年だそうです。
日本最北の酒造会社です。
木造のお店がとても美しかったです。
残念ながらぼくはお酒をほとんど飲まないので
見学しただけでした・・・


「 増毛館 」
こんなところにこんな良さそうな宿があるのを知っていたら
泊まってみたかったのに・・・
またいつか来たときには泊まってみたいです。
   
   
Img_edee22abc86842397e21e9de130f74c9
國稀酒造の入り口。
Img_218515a0351f6d47e6e7d577c4fc8d0f
今は使われていない富田屋旅館。
Img_0b7f243e55defbf3ce8c69afa03a3840
石造りの旧商家 丸一本間家。
   
   
「 富田屋旅館 」
昭和8年に建てられた木造3階建ての建物。
今は営業していませんが趣がある建物です。
  
   
Img_56b5fd258fbe211947163c457368cd83
ニシン御殿だった建物。
Img_d00654c8d0fb7920d938dd59f4df10b1
さびた倉庫。
Img_c6d9cad608b664da66c548e42cade4fd
下頓別小学校。
   

「 道の駅 おびら 」 
留萌から稚内に行く途中にある道の駅。
昔ニシン漁で栄えていたとき建てられた
木造の建物を使っています。
ちょっともったいない気もしますが・・・

隣には鰊番屋の旧花田家の建物があり
有料で見ることが出来ます。

 
「 下頓別小学校 」
屏や柵がなく広々としています。
こんな小学校はいいですね。
とてもホッとします。
  
   
Img_6e279ff07ed9d3a0abc75af51da76d20
かつては番屋だったのでしょう。
Img_111daa0c7d9546c9be50ec3599f4deeb
宗谷本線・天塩川温泉駅。
   
    
クッチャロ湖側の海岸線で見つけた
朽ちた建物。
かつては漁師さんが使っていた番屋だったのでしょうね・・・

町にはとてもりっぱな家が並んでいました。
毛蟹?ホタテ?
とにかくとても大きな家々でした。


帰り道に偶然通った 「 天塩川温泉駅 」。
もちろん無人駅でした。



北海道にも思っていたより
ずっと古くて趣のある建物があることを確認してきました。

次回は建築物のことももう少し調べていこうと思っています。