Text Size : A A A

●2008/5/17-18 AOTEAROA Workshop 参加者作品 その1

Img_61751fee50004a48fe2b8b6116351a95
「 夢中 」
    

ここにアップした写真は
すべて参加者ご自身の作品ですが
額等は当日の作品に似た感じに
写真ソフトで仕上げています。


まずは自分の作品です。

慣れないカメラだったこともあって
夢中で撮りました。

写真を始めた頃の
一生懸命な、
そんな感覚を
感じながら撮りました。

文字通り " 夢の中 " でのような
不思議で楽しい時間でした。


   
Img_b89d2c43d6cfb811faf95835fa509666
「 北国の春 」
   

ここからは参加者の方々の作品です。
ぼくの感じたことを
少しだけ書きますね。



MIharuさん。
写真と撮りたくてカメラを買ったものの
思うようにいかなくて
カメラをあまり使わずにいたとのことです。

カメラを買った時点で
写真を撮りたかったはずです。

自分の周りを固めていた殻を脱ぎ捨てて
自由におだやかに
楽しんで撮影された気持ちが
伝わってきます。

初参加ありがとうございました。


   
Img_0d8401a6f71507879789adabcdd30f70
「 野の花 」
   

Chiakiさん。

デジタルカメラは持っていないにもかかわらず、
ぼくのカメラをお貸ししたら
すぐに使い方を分かっていただき
一本のレンズを使いこなして
撮影していただきました。

たくさんのクラシックカメラをお持ちで
写真歴もぼくよりずっと長い方です。

そんな安定感と
おだやかな気持が感じられる作品です。


2度目の参加ありがとうございました。
今度はもっともっとお茶目な写真も拝見したいですね。


   
Img_f83b3ba9c283611b9ab306f8c7e05d8e
「 ウエをみて 」
   

Kanechiさんの写真を撮る一生懸命さには
いつも驚かされます。
そして被写体を切り取り方。
どの作品も
斬新でしかも楽しそうなんです。

しかも参加者の中でも
一番普通のデジタルンパクトカメラなんです。

カメラという道具を思いっきり
使いこなしている気がします。

この被写体のチゴユリとバックのブナの木。
いいなぁ!
どこにあったんだろ・・・?

ぼくにも教えてほしかったです。(^ ^)


2回目の参加、(ご本人は2年生と言っておりますが)
本当にありがとうございます。


   

Img_25d7ceea059e4fdf4dbe28df8799116c
「 はるのひかり 」
    


Akkoちゃん。
唯一の皆勤賞です。

いつもほんとうにありがとう!

明るくってとてもやさしくって
人間的にも100点満点の女性です。
全面に明るさと元気さが出ている女性なんですけど
繊細で良く気のつく女性なんです。

その繊細さが写真に出ています。
春の柔らかな光が美しいですね。

これからこの路線で撮っていくといいかもしれませんね・・・?

でもね、
カメラのマニュアルは自分で読みましょうね・・・(^ ^)


     

●2008/5/17-18 AOTEAROA Workshop 参加者作品 その2

Img_3895896a606e2038c0654883ef893913
「 陽と陰 」
   


Workshop参加者の作品第2弾です。



Akikoさん。
初参加です。

この写真を撮る数日前に
ちょっと嫌なことがあったとのことでした。

きっとこのタイトルは
そういう意味もふくんでいるのでしょうね・・・?

でもこの作品は
前向きで優しさに溢れています。
タンポポにやって来たモンシロチョウがいいですね。(^ ^)
なんだかAkikoさん楽しそうです。


また次回も作品を撮ってくださいね。
いつもありがとうございます。


    
Img_3313094049dc8e4136f88daddcd1b409
「 Restart 」
   


Reikoさん。
はい、ぼくの奥さんの作品です・・・ (^_^)


デジタルコンパクトカメラから
デジタル一眼レフカメラにして
いろいろな制約から解き放たれた
開放感とか写真を撮るとことの楽しさが
伝わってきます。

朝、
みんなといっしょの散歩のときに
ずっと来ないと思ったら
こんな美しいものを見つけていたんだね・・・?


これからもっともっと楽しい世界が広がっていく
そんな予感の作品です。


いつもありがとう!


   
Img_dbf2f801fda2bc90c081ae2d76a5bf48
「 0.125 」
   


Auberuge Screenのオーナー&シェフの亜門くんの作品です。

いつも斬新でおいしい料理とサービスに驚かされていますが
この額の使い方も
「やられた〜」っていう感じです。
発想がおもしろいんですね。

みなさんの料理をつくらなくてはいけないので
スポット参加でしたが
さすがに集中力がありますね。

素晴らしい作品を創っていただきありがとうございました。

タイトルの「0.125」については
宿泊のとき本人に聞いてみてくださいね!

これからも楽しい企画いっしょにやっていきましょうね。


   
Img_000fe3e1c3c6f0c00048c8265e0dc74f
「 おまけ 」
   


今回のワークショップの
Kanechiさんおまけの作品です。


「 指とドングリの帽子シリーズ 」の最新作です。


前回のワークショップは秋だったので
ドングリもいっぱいあったのですが
今の時期にこの " 帽子 ”を探すのは大変だったはずです。

思わず吹き出してしまったので
ここに載せますね。

このシリーズもずっと続けてくださいね。




参加してくださった方々
ほんとうにありがとうございます。

きっとぼくが一番学んだことが多いのではないかと
密かに思っています・・・?